トップ 製品・サービス 製版 硬銅版(凸版)

硬銅版(凸版)

硬銅版(凸版)

硬度が高く耐久性が良い。また表面の平滑度も高い。箔切れもよい
卓上カレンダーの名入れ、パッケージ、クリアファイルやカードをはじめいろいろなものへの箔押しや型押しの版、凸版印刷用の版としてご利用いただけます。エンボス版・デボス版としてご利用も可能です、別ページを参照ください。

■厚み・用途

1.5mm:箔押加工
3.0mm:箔押加工・型押し加工
7.0mm:箔押加工・型押し加工

■厚み:深度(普通彫り狙い値):深度(深堀狙い値)

1.5mm:1.0mm +-0.1mm:深掘対応不可
3.0mm:1.0mm +-0.1mm:1.5mm +-0.1mm
7.0mm:1.0mm +-0.1mm:1.5mm +-0.1mm

 

深彫り

  • 普通彫り・深彫り違い

    普通彫・深彫説明図
  • 左が普通彫で深度が1.0mm、右が深彫で深度1.5mm。
    箔押時に加工対象物が沈み込み、デザイン以外に箔がつかないようにする方法の1つです。

エッジたて

  • エッジたて説明図
    エッジたて説明図
    • メリット:通常の版に比べ、凸面のかどがたち箔切れをよくします。箔の抜けや切れの改善をしたい場合に利用されます。
    • デメリット:通常の版にくらべ耐久性がおちる場合があります。

ギリギリカット

  • ギリギリカット説明図

    ギリギリカット説明図
    • メリット:版の周囲をカットすることで不要部分の箔がつくトラブルを回避しやすくなります。
    • デメリット:ギリギリカットをすることで版のデザインによって、加工を行う位置との平行が分かりにくいことがあります。

硬銅版(厚み1.5mm) 

  • 凸版 厚み1.5mm

    硬道版凸版 厚み1.5mm
  • 箔押し加工に使われることが多い、1.5mmの版へ1.0mmのエッチングを行うためベースが0.5mmと薄く、取り扱いに注意が必要。
  • 硬銅版1.5mm
    硬道版 厚み1.5mm
  • 硬銅版1.5mm
    硬道版 厚み1.5mm

硬銅版(厚み3.0mm) 

  • 凸版 厚み3.0mm
    凸版 厚み3.0mm
  • 箔押し加工に使われることが多い、3.0mmの版へ1.0mmのエッチングを行います。
  • 硬銅版3mm
    硬道版 厚み3.0mm
  • 硬銅版3mm
    硬道版 厚み3.0mm

硬銅版(厚み7.0mm)

  • 凸版 厚み7.0mm

    凸版 厚み7.0mm
    • 全自動機や自動機を使った箔押し加工に使われることが多く、パッケージや包装紙など、紙・PET・ビニールなど多種多様なものへの箔押しに利用していただいております。
      3.0mmと同じ普通彫の深度は1.0mmのエツチングを行います。
      また深彫も可能で厚みがあり沈み込むような生地への箔押しでお困りの場合ご相談ください
      機械への取り付けの仕様によりGTP・ギーツ・SP・ボブスト・KAMAなど側面の加工が必要な場合があります。
  • 硬銅版7mm
    硬道版 厚み7.0mm (テーパーボブスト加工)
  • 硬銅版7mmボブスト
    硬道版 厚み7.0mm (テーパーボブスト加工)

7.0mm版の側面仕上げについて

  • 7.0mm版の側面仕上げについて
    7.0mm側面の仕上げ
  • 7.0mm側面の仕上げ
  • 7.0mm版を熱板にとめるため、版の側面に適切な仕上げが必要となります。
    版の留め具ごとに側面仕上げの種類がいくつかありますので注文の際に仕上げ種類をご明記ください。

CONTACTお問い合わせ

パンフレットや加工サンプルを無料でお届けいたします。
ご相談やご質問も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ