株式会社Sakae Plus > 活版印刷 見本

 

活版印刷 見本


 「文字のへこみ具合で文字の存在感を強調。」

活版印刷の見本

 

 活版印刷は文字の存在感を強調する印刷技法です。

印刷されたものはへこみや縁が際立つことによって、個性的な印刷物になります。

 

現代では生産性の問題で活版印刷を使うことは少なくなりましたが、質感の良さや人の手の温もり感は今も健在で見直されつつあります。

 

製品として作成する場合は個性のある名刺や本の冊子、案内状、卓上カレンダー、洋風や和風のイラストの商品などです。

活版印刷の本来の意味は「活字を組み合わせて作った版で活字を印刷する」ことなのですが、使い方の可能性は無限です。

 


 

 

お気軽にご相談ください。

〒536-0025

大阪府大阪市城東区森之宮2-2-14

 

株式会社Sakae Plus

問い合わせ

 


 

 

活版印刷 材料別見本.jpg

 

紙に活版印刷

 

 

 

レタープレスと活版印刷の違い


 お客様が活版印刷で気になっている疑問をここで解決します。

活版印刷とレタープレスの違い…たくさんの疑問があると思います。

ここで解決いたします。

 

活版印刷やレタープレスの特徴


 

活版印刷は主に金属でできた活字を組む(植字)ことをして、そこにインキをつけて印刷する事です。

レタープレスはデータから金属版による凸版を作って刷る印刷の事です。

 

活版印刷とレタープレスの特徴


 

活版印刷は、活版にしかない書体の良さがあり、印刷するとインキのかすれた感じで印刷ができたり、

他の印刷方法ではなかなか難しい、薄葉紙や耳がついた和紙へも印刷できるのが特徴。

オフセット印刷にはない目が疲れにくく、読みやすい。存在感のある文字を印刷できるという利点がある。

レタープレスは印刷した時に加圧するので、存在感のある印刷物を作ることができます。

 

活版印刷が苦手とすること


 

活版印刷は一色でしか印刷することができない。多色刷りが苦手。

 

 

 

 

活版印刷に適した版 見出し.jpg


 

①マグネシウム板 


安価で既存の亜鉛版に代わる素材

 

 メリット

安価で既存の亜鉛版に代わる素材

 ・フイルムにほぼ忠実に仕上がるので

・明朝体等の書体など細い文字などにも対応

・版表面の平滑度が高くムラトリの手間が削減

 ・亜鉛版と比べはるかに硬い材質(印刷用に作られた素材)

 ・歪みが出にくい

 

 デメリット

・長期使用しない場合、サビ穴が出来るため長期保存には向かない

 ・銅版に比べ版表面のスジが出る場合がある

 ・フイルムに忠実に版が上がりすぎ、印刷すると太いイメージになる

 

➁亜鉛版


 メリット

一番スタンダードな素材

・フイルムより若干細く仕上がるので印刷で良い太さになる    

デメリット

・長期使用しない場合、サビ穴が出来るため長期保存には向かない

 ・マグネ版に比べ柔らかい為歪みが出る

・製造が外注加工の為納期がプラス1日かかる

 

 

   

➂硬銅版


メリット

エッジの効いたショルダー印刷が綺麗

白抜き等が綺麗に刷れる。ゴシック体等の書体で抜けを良くしたい。       

・版表面の平滑度が高くムラトリの手間が削減

歪みが出にくい

 

デメリット

細りが強く深く彫ると細い線

細かな点などがフイルムより細り表現が変わる

         

 

④樹脂版


 メリット

フイルムにほぼ忠実に上がる

・細線やドットの再現性が良い

 

デメリット

耐久性がない

・力のいる印刷が出来ない

 




 

 資料請求